1 Star 記事が気に入ったらいいね!してね!
読み込み中...

砂漠

砂漠を取ってきました。場所はモロッコ。朝日を見るツアーで、朝早く日が開ける間に出発太陽の出を待ちながら、砂漠に溢れてくる陽を待ちながら、砂漠の抑揚を楽しんできました。

NIKON D800E AF-S Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR ISO500 200mm -1EV f/8 1/200
NIKON D800E AF-S Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR ISO100 50mm -3EV f/8 1/2000
NIKON D800E AF-S Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR ISO500 200mm -1EV f/8 1/200
NIKON D800E AF-S Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR ISO140 170mm -1.33EV f/8 1/200

HISのツアーに同行して撮った、モロッコの砂漠の写真です。砂漠の中では、レンズ交換が難しいです。細かい砂が多いので、レンズ交換はもとより防適用のカバーを持って行った方がいいですね。実際、カメラを壊した方もいらっしゃいました。
砂漠は、日の出とともに光が移動していきますので、太陽が出る30分前から出た10分後までの短い時間が勝負だと思います。
光が横から当たって、砂丘の凹凸がはっきり見える時間。ここを望遠で砂漠の波紋を重ならせて撮りたいところだと思います。
日の出も撮りたいし、そういう意味では、三脚とか使うのは結構難しいと思います。
ですので、50~300mmクラスの、便利ズームがかなり役立ちます。
ただ、この手のズームはレンズ自身が防塵になってないことが多いので、カバーを巻いた方がいいと思います。カバーは、自分はニコンの専用品を使いましたが、レジ袋をテープで止めたものでも大丈夫。帰ったらブロワーを忘れずに。

コメントを残す