厳冬に耐えて

0

の中に見る景色。

平成最後の冬

厳しい日本のとともに写真に収めました。

[カメラ情報]SONY NEX-F3 18-55㎜ f3.5-5.6 [撮影情報]1/320sec f9 39㎜ ISO200

大雪がつもり、の重さに耐えるために “合掌造り” という

独特の建築方式で建てて生活している

白川郷集落寒さ荘厳さを表現しました。

 

が白飛びしないために明るさはマイナス補正にしてあり、
 
集落全体が写るように広角レンズ(18-55㎜)で撮りました。
 

 

すっきりとした風景を撮りたかったので、
 
f値は高めに設定してあります。
 
 



[カメラ情報]Canon 6D MarkⅡ 28-300㎜ f3.5-6.3 [撮影情報]1/500sec f14 77㎜ ISO2500

 
場所は岩手県一関市厳美渓
 
撮った日にちが年末だったので、

大忙しの年末、吹雪の中にも静けさがみられる場所でした。
 
 
吹雪で、視界が悪く暗かったので

シャッタースピードは速めで、
 
ISO感度は上げています。
 
 
 
風景全体を撮りたかったので広角レンズ寄りの77㎜で撮りました。
 
 

平成最後の冬

それは、厳しさの中に静けさのある冬でした。

投稿者:菅原あかり(@sugawaraakari)

コメントを残す