ニホンザルと滝

1+

 

 

動物の自然な表情を撮るために、様々な場所へ行き、撮影をしています。

 

今回訪れたのは、大阪府の某観光スポット。

 

前回は、動物園での写真を記事としましたが、今回は野生動物の写真となります。

 

 

1枚目、2枚目は
を背にちょうどいい場所で一休憩してくれたニホンザルを発見したので、これを逃すまいとシャッタースピードを速めのままで撮影しました。

 

 

SONY ILCE-9 FE 70-200mm F4 G OSS 28mm
1/400 F6.3 ±0.0 1250


SONY ILCE-9 FE 70-200mm F4 G OSS 28mm
1/400 F6.3 ±0.0 1250


 

 

大切なことは「野生動物の撮影時は近づき過ぎないこと

 

警戒心が強いので、付かず離れずの距離での撮影は鉄則です。

 

 

そして、「野生動物に最大限の敬意を払うこと

 

動物を撮影する時に忘れてはならなことの一つです。

 

 

3枚目は、彼らに警戒されない様、息を殺しシャッタースピードを遅めにして背景のを意識してみました。

 

 

SONY ILCE-9 FE 70-200mm F4 G OSS
70mm 1/30 F8.0 ±0.0 250


  • 野生動物とは距離を取る
  • 自分から近づくのではなく、動物から近づくのを待つ
  • 時間をかける

 

 

前回の記事でもお伝えしたように、動物を被写体とした時、撮影者に求められる一番のことは「忍耐」です。

懐いているペットならまだしも、人間慣れしていない動物を撮影する時は、動物に合わせて撮る。

 

そして、来たるその瞬間を逃してはなりません。

 

写真に関してはまだまだ初心者で、どの設定がいいかとかは、正直まだわかってません。


ただ、その場で自分が撮りたいと思った風景動物達を、マナーやルールを守った上で撮影し、他の方の目に触れた時、もっと見てみたいと思ってもらえる写真が撮れるようになっていきたいと思ってます。

 

 

投稿者:K-ji(@silverkm

 

 

1 個のコメント

  • 色んな写真を、見せて頂きました。自分ではとても、撮ることは出来ないけれど、見せて頂き
    楽しんでいます。とても、素敵ですね!!
    いつも、ありがとうございます。

    0
  • コメントを残す