1 Star 4いいねされています☀
読み込み中...

新緑

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:5.6 SS:1/40 ISO:200

の季節が終わり、新たな季節と新たな時代がやってきました。

5月は、が散り、新緑が芽生える時期でもあります。

今回は、千葉県にある大町自然観察園という場所で撮影を行いました。

人工的に作られた公園よりも、より豊かなが、この場所の特徴です。

 

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:5.6 SS:1/320 ISO:200

 

また、水の流れる湿地が同じ敷地内にあり、野鳥や水辺に住む生き物、水の中でも生える植物など、様々な写真が撮れる撮影スポットでもあります。

 

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:5.6 SS:1/160 ISO:400

 

今回の撮影では、新緑という言葉通り、みずみずしいを撮ることを意識しました。

 

具体的には、光の強弱です。木々が生い茂る中では、基本的に薄暗くなりがちです。

なので、太陽の光がギリギリ入るスペースを探しながら、露出がかなり明るめになるように何枚か撮影しました。

こうすると、がはっきりとわかり、木々のシルエットがくっきりと浮かび上がります。

 

また、の部分はある程度を透過するため、優しい薄緑色のような色を出すこともできます

 

 

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:6.3 SS:1/200 ISO:200

 

また、あえて露出を暗めに撮る撮影も可能です。

この場合、が強く入る場所と、入らない場所の差が大きくなり、まさに、見たままの木洩れ日を撮影することもできます。

 

 

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:8 SS:1/30 ISO:400

 

今回の撮影は、完全に陽が昇った後の撮影でしたが、自然というのは、時間とともにその姿を変えるものです。

 

例えば早朝などの違う時間にとれば、また違った姿を撮れるかもしれません。

の季節から新緑の季節へ、様々な姿の自然を、これからも色々見せてくれることでしょう。

 

DMC-GX7MK2 LUMIX G F:5.6 SS:1/500 ISO:200

投稿者:なうなり(@msy29531

コメントを残す