見えない努力

0

 

「写真は楽でいいよね。一瞬シャッターを切るだけですぐ評価してもらえるんだから」

前に友人からこんな言葉を言われたことがあります。

 

確かにシャッターを少しの間切るだけで写真は撮れますし、人に見せれば相応の評価をしてもらえます。

 

でもその写真を撮るまでには何日、何週間、場合によっては何ヶ月もの下準備があることを忘れてはならない事実です。

もっと言うと年間通して四季のはっきりしている日本で自然を相手にした撮影をする時は年単位での準備をしている方もいるでしょう。

 

今回私が撮ったのは千葉県佐倉市の印旛沼

実は以前にも早朝にここの撮影をしたのですが下準備が不十分で残念な感じになってしまいました。

 

 

canon kiss x7 18-55mm F4.0-5.6

そこでその日から印旛沼の朝を綺麗に撮るための天候条件を調べました。

それから4ヶ月後に自分が望んでいた条件になった時にリベンジ撮影を決行しました。

やはりなんの下準備もなく、挑んだ時の景色よりも今回のはとても綺麗なものが眼前に広がっていて感動しました。

 

そこで撮ることが出来たのがこの1枚目の写真です。

 

 

Canon Kiss X7 SIGMA 10-20mm F:16 SS:1/250 ISO:100
Canon Kiss X7 SIGMA 10-20mm F:16 SS:1/250 ISO:100

 

自分としては満足いくものとなりました。


時間をかけて下準備してやっと見られた景色は心を震わすものですし今後のモチベーションにも繋がるから、大変ではありますが是非挑戦してみてください。

 

投稿者:でかいし(@Deka__ishi

 

コメントを残す