ポートレートを綺麗に見せるコツ

0

こんにちは。ユウマです。

今回、初投稿となります。

この記事では、ポートレートを綺麗に撮影したいという方向けに、

抑えたいポイントをご紹介する記事です。

 

ここでは、写真の編集や高度な撮影テクニックのようなものは、ご紹介しておりませんので、ご了承ください。

 

では、早速本題に入りたいと思います。

ポートレートを綺麗に見せるコツは以下の2つです。

 

  • 水平を保って撮影する
  • 余計なものを入れない

 

この2つは一眼レフやスマートフォン、デジカメに限らず、使えるポイントです。

 

1.水平を保って撮影する。

(神奈川県逗子海岸近くの公園)

写真を見たときに、写真が斜めになっていたりしたら

凄く違和感があります。

地面水平にすることによって、違和感なく、とても綺麗に、撮影することができます。

では、どのようにすれば、水平に撮れるのか?

カメラには、グリッド線という機能があり、その線と地面が、水平かどうか という事を

確かめて撮ると、綺麗に撮影できます。

また、ほかに写っているであったり、建物を参考にして、

「水平」を気にしながら、撮影してみてください。

 

 

2.余計なものを入れない

(茨城県波崎ウインドファーム)

ポートレートの写真を見たときに、

背景などに、木であったり、お花であったり、建物であったりと、

被写体以外に、あまりにも物があると、見ている側は目移りをしてしまいます。

 

では、どうれすればいいのか?

背景に入れるものを少なくすればいいのです。

例えば、私は、上記の写真では、風車と空を背景にと決め、その2つと被写体しか、映らないように撮影しました。

かなりスッキリとした写真だと思いませんか。

 

まとめ

上記の2つは、一見簡単そうに見えて、以外と苦労することがあります。

事前に撮影するところを、ロケハンしておくと、解決することもありますので、余裕があればしてみてもいいと思います。

ただし、

撮影禁止の場所や他の方の迷惑になる撮影はしないというのは、

いい写真を撮ることよりも、重要なことですので、

ポートレートにかかわらず、撮影する上で、改めて気をつけていただきたいと考えます。

 

撮影カメラ:Canon6D EF50mm f1.4

投稿者:@yu_maphoto

コメントを残す