今回のイベントテーマは『雨』

7+

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED f2 iso4000 SS 1/160

 

というと、気分も盛り上がらないし、靴は濡れるし、カメラも持ち出しづらいし…と、
どうしても、どんより してしまいがちですよね。

でも、ふと目線を変えると、の日にしか、撮れない写真があると思います。

水たまり を使ったリフレクションもその一つ。
日本で一番有名な、夢の国が、の魔法 にかかった気分で、一枚。

晴れの日でも、美しい風景が、によって、より一層、味わい深いものとなるのなら、
たまには、の中、カメラを持って、出かけるのも、悪くありません。

幸い、最近のデジタルカメラは、防塵防滴機能が、搭載されたものも多く、なんなら、防水のスマートフォンでも、撮影できます。

も自然の恵みの一つ、フォトグラファーとして、あらゆる自然と、上手く、つきあっていきたいところですね。

 

投稿者:さかな

Instagram:@matsuzawa080303

 

5 件のコメント

  • これは、地面からの高さでいうとどれくらいの高さでの撮影になりますか?
    地面からの高さを意識した撮影は重要だと思っています。

    僕は結構ギリギリのところまで落として撮ることが多いのですが、皆さんどうなのかなと思って。

    周りにカメラ仲間がいないので、皆さんどんな意識でやっているのかなぁと思って。

    1+
  • 写真の撮り方で高さって重要ですよね。
    一般的に、写真てスタンディングとる人が多くて(スマホだとなおさら) 上手い人ほど、低い位置や、高い位置から撮る傾向が強いような気がします。

    自分の場合は、ポートレイトの時は、上からが多いんですけど、意図的にしたから煽る時は、膝と腰の真ん中くらいが多い気がします。

    レフを持って、光の回り方と視線のもらい方が綺麗な気がするんですよ。

    この写真の場合は、手前の水たまりと周りの人の高さを気にしてそうなので、自分の場合もこの高さか、もうちょっとだけ下にするかもしれないですね。でも、
    ある意味スナップですから、それよりタイミングですし、左右に綺麗に人が開いていて光もきれいにまわっていていいですよね。

    0
  • 皆様コメントありがとうございます。
    普段リフレクションを狙うときは地面ぎりぎりまでカメラを下げますが、この時はお客さんも多く、あまりカメラを下げるとあらぬ疑いをかけられそうで、この程度が限界でございました…。
    シチュエーションに応じて、周りの迷惑にならない範囲で撮影するのをモットーとしておりますので、ささっととるスタイルですね。

    1+
  • 写真中央がスーと明るい+左右が暗い。イルミネーションがキラキラして、メルヘンですね✨
    撮影場所は、どこですか?テーマパーク?

    0
  • スズキ様
    コメントありがとうございます。
    撮影場所は夢の国、ディズニーシーでございます。
    ここは雨が降るとうまい具合に水たまりができるので、リフレクション撮影にぴったりでした。

    0
  • コメントを残す