それぞれの生き方。

6+

1/250秒 F5.6 25mm ISO500

1/500秒 F5.2 35mm ISO500

1/500秒 F4.9 31mm ISO500

1/250秒 F5.6 42mm ISO500

人は日々学校に行って、仕事に行って、遊んで。 

そしてその足は「」という屋根のついた巣に帰る。

何気なくしているこれは、ほかの生き物からすれば、とてつもなく変わった行動なのかもしれない。

池で泳いでいるは、そこが集合場所にも巣にもなる。

そして様々な表情を見せる空を、水面下で仰ぎ続けている。

空を飛ぶは、小さな枝を何重にも積み重ねて巣を作り上げる。

そして100mも上から街を見渡したり、地面に降りて散歩をしたりする。

働き者のは、地面の下を目指して複雑で大きな巣を作る。

そして甘くて美味しいおやつを頂きに、地上に現れる。

人はいつも、人の表情や行動に注目して生きているけど、カメラを持って、ほかの生き方に寄り添うのも悪くないなと。そう感じる。

ちなみに、個人的に一番寄り添いたいのは、他でもないだったりする。

あんなに気ままで勇敢な生き物、中々いないと思う。

 

撮影のコツ

より自然体な生き方を撮るために、被写体にとにかくゆっくりゆっくり近づいてシャッターを押しました。

また、雨上がりという事もあり曇り空だったので、あえては入れませんでした。

 

撮影場所:長崎グラバー園・孔子廟通り

 

撮影カメラ情報:OLYMPUS PEN E-P1

 

投稿者:アスパラ

 Twitter:@aspr_802

 

コメントを残す