厚岸牡蠣祭り

0

厚岸牡蠣祭・桜祭り 2019年は5月11日から、19日まで行われるそうです。
こちらは独自取材なので、詳細は下の町のホームページ優先でお願いしたいのですが、実は、筆者2017年5月21日に自費で行っておりまして、(JALのドコカニマイルで釧路があたったのですよ〜)その時の経験から話しますね。

日本で牡蠣といえば、と行って出てくる、最大のブランドが厚岸と広島。おそらくそうだと思いますし、実際、牡蠣を食するお店で、必ずあるのが厚岸。

であれば、わざわざいく必要があるのか!って言われると思いますが、あるのです。正直、今年も行くと思います!

行われる場所は、子野日公園(厚岸町奔渡6丁目9番)入場料・駐車場無料(1,300台駐車、大型バス可)だそうで、広い公園の一角で行われます。ただ、私が行った日は、休日だったこともあり、結構車が大量に出ていました。ので、歩行可能なちょっと離れたところに車を止めました。着いたのは、確か13時頃。結構人がたくさん出ていて、気分が大高揚。

現地では、屋台がたくさん出ています。牡蠣はもちろんですが、新鮮な魚介もたくさん出ています。そのほかにも牡蠣飯やアサリ汁はもちろん。りんご飴もあったな〜。

牡蠣は、もちろん屋台で食べることもできるのですが、オススメは、芝生の上に炭をくべて、そこで蒸して食べるスタイル。
屋台では、牡蠣衛門、特大300円などの大格安で売っています。ので、それを買っていきます。本当に安いので2000もあれば大量に買うことができます。
牡蠣は大きいほど美味しいというのが私の持論! ですので、大きな牡蠣をぜひゲットしてください。
バーベキューセットと炭は、セットで貸してもらえます。確か1000円もしなかったようなって、パンフレット見たら800円だそうで。す、すいません!800円です!これで、火起こしした、炭もついてて!しかも、自由な場所まで運んでもらえます。

 

牡蠣の大きさわかるかな〜。本当に大きいですよ。ちなみに、この年は、お酢の貸し出しもありました。
バンドとか、牡蠣クイズなどもありまして、とてもいい時間を過ごせました。

この日はこの後、摩周湖によって釧路から20時の飛行機で東京へ。日帰りでも楽しい一日を過ごせました。

今年の詳細は、以下をご参照ください。

平成30年度あっけし桜・牡蠣まつり

イベントの詳細は、町のホームページ

イベントの写真撮られた方は、ぜひ以下から投稿お願いします。