新穂高ロープウェイ

0

絶景ポイントおすすめは、標高2160メーターまで一気に連れて行ってくれる新穂高ロープウエイ。上高地・常念岳・北アルプスの絶景を撮影するポイントはいくつかありますが、その中で、重いカメラ機材を担いでほとんど歩かずに行けるポイントはここが一番です。

アルプスまでは2本のロープウェイを乗り継ぎますが、上のロープウェイは、2階建。合計120名を運ぶことができます。しかもですよ、なんと通年運営。真冬の北アルプスを200メートル以上の高度から見ることができます。

上まで上がれば、西穂高・槍ヶ岳、唐松岳などの有志がこれぞとばかりに見ることができます。展望台は、三脚OK。ちなみにこの日は雲ひとつない絶景でしたが、雲が出ていても、雲海の上になりますので、撮影できる日はあるようです。

天気が良ければ、西穂高山荘を経由して、西穂高独峰あたりまで行くことも可能です。500mmくらいのレンズだと登って行く人も見えます。(上の写真は300mmF4の写真をトリミングしました)

山の写真に望遠レンズは欠かせません。重いレンズを担いで山の写真を高い高度から撮れる重要ポイントとして、新穂高ロープウエィは欠かせません。

 

麓は、日本一温泉数が多い温泉街、新穂高温泉・平湯温泉・福地温泉が控えています。一泊するもよし、日帰りもOK.車で東京から4時間ほどです。ぜひ挑戦してみてください。

この周辺で写真を撮られた方は、ぜひ編集部へ写真を送ってください。よろしくお願いします。