信州たてしな観光協会

0

写真提供:立科観光協会(http://shirakabakogen.jp/archives/2348)

 

立科町ってどんなところ?

立科町は長野県の東部北佐久郡の西端に位置し、東は佐久市、北は東御市、西は小県郡長和町、南は茅野市に境を接し、東西9.9キロメートル、南北26.4キロメートルと南北に長い町で、周囲は78.2キロメートル、面積は66.87平方キロメートルです。

北部では、稲作を中心としてりんご・高原野菜・畜産(肉用牛・肉豚)などの農業が盛んで、南部の高原地帯は、蓼科山(標高2,531メートル)の北西に女神湖・白樺湖・蓼科牧場を有する一大リゾート地で四季折々の自然の恵みを満喫することができます。

立科町は、歴史と未来・環境と生活が美しく調和する町、情緒を大切にしながらも進取の気持ちで未来を拓く「人と自然が輝く町」を目指し躍進しています。

<避暑地としても有名>
1月の平均気温がマイナス2.2度、8月の平均気温が22.8度で年平均気温は10.1度。避暑地として有名な軽井沢よりも避暑地!どんなに暑くても、30度を超えることはありません。四季の変化に富んだ冷涼な高原の気候を有しています。
そして最も特徴的なのが降水量。年間降水量は1,040.8ミリと、これは雨の少ない長野県の中でも際立って少ないもので、立科町は全国的にも屈指の寡雨の町だと言えます。晴天率が高く、日照時間(2,089.5時間)が長いことも特徴です。

<アクセス>
東京方面からだと3時間、軽井沢からだと1時間ほどです。

立科町観光協会HP

立科町の観光協会のHPはこちらです。
信州たてしな観光協会HP

http://shirakabakogen.jp

立科町の絶景スポット

随時更新予定!クリックすると記事に飛びます。